責任ある立場の人は睡眠の質を高めること

責任ある立場の人は睡眠の質を高めること

 

責任がある仕事をしている人は、毎日とまでは言いません

 

がよく眠った方が良いです。毎日よく眠れる人なんて稀で

 

すから、週の半分程度は十分眠りたいものです。

 

週に4日くらい十分に眠れると体の調子が極端に崩れること

 

はありません。理想は毎日十分に眠ることですが、それは

 

あくまでも理想です。そんな理想の眠りを毎日とれる人は

 

十代の若者でも数少ないでしょう・・・。

 

責任のある業務を任せられているような人は、仕事でミス

 

が許されないためしっかり健康管理をする必要があります

 

。「健康管理も仕事のうち」と言いますが、本当に健康を

 

管理することも仕事なんだとわたしも思います。

 

仕事で人を動かす立場にいる人は様々なことに気を遣い大

 

変な思いをしています。そういう人こそ睡眠の質を高める

 

ための対策をしてもらいたいです。睡眠の質を高めると言

 

っても何から手をつけたら良いのか・・・と悩むなら、と

 

りあえず思いつくままに動いてみて良いと思います。

 

その人にしかわからないことがあるので、誰かにアドバイ

 

スを求めることも良いですが、自分の直感に従ってみるの

 

も悪くありません。意外と自分の直感に従って動いた方が

 

睡眠の質を高めることができそうな気がするのです。